Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/108-09c50692

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

まるで煎餅!MEDIAS N-04Cレポート

 2月24日のドコモ新製品発表会で、「MEDIAS N-04C」を触ってきましたので、簡単にレポートします。 

 事前情報で、薄いことを知ったものの、あまり興味がわかなかったのですが、実機を見たところ、一発で気に入りました。
 薄さも軽さも、まるで「お煎餅」のように感じました。厚さ7.7mmのボディは本当に薄い!最新の第4世代iPod touchが厚さ7.2mmなので、だいたいそんな感じです。
medias-vs-iphone4.jpg
▲iPhone 4(左)と比較。MEDIAS(右)側面の前面寄り(写真下)はアルミフレームで補強されています。
 
 どうやら、両脇の丸みを帯びたアルミフレーム2本で剛性を確保しているようです。同時に、金属的な手触りで高級感も演出できて、一石二鳥という感じでした。ボディ前面のディスプレイは丈夫な「ゴリラガラス」で補強する一方、ボディ裏面は樹脂製で軽さを追求しています。なかなか、よく練られた設計ではないでしょうか。
medias-maps.jpg
▲Google Mapsもサクサク動作。2本指による回転操作も可能でした。

 詳しいスペックについてはこのあたりをご参照ください。注目なのは、個人的にイチオシのチップ「MSM7230」を搭載している点です。MSM7230は、Snapdragonの第2世代シリーズの一員です。Snapdragonの初代は1GHz動作の高性能チップで、XperiaやIS03、REGZA Phoneなどで採用されています。第2世代は、製造プロセスの微小化で省電力化を実現し、グラフィックスやビデオの機能も強化しています。MSM7230の場合は廉価版のため、動作クロックこそ800MHzに抑えられていますが、総合力では初代並みの性能と、より低い消費電力を実現できそうです。決してハイエンドチップではありませんが、性能や価格などのバランスが優れていると考えています。
medias-powercontrol.jpg
▲通知領域から無線LANなどのオン/オフができる程度で、メーカー固有のカスタマイズはあまりされていませんでした。その分性能が犠牲になることもないでしょう。

 なお、バッテリー容量は1230mAhでした。たとえば、IS03が1020mAh、IDEOSが1200mAh、Desire HD(001HT)が1230mAh、REGZA Phone(T-01C/IS04)が1300mAh、Lynx 3D(SH-03C)が1400mAh、Galaxy S(SC-02B)が1500mAhという感じです。多い方ではありませんが、省電力な第2世代Snapdragon搭載、しかもクロックを抑えているので、十分ではないでしょうか。
medias-battery.jpg
▲バッテリー容量は1230mAh。バッテリーを外すと、本体のバッテリー格納部分は異様に薄かったです。基板はどこに入っているのか?スペースが足りるのか?とても不思議に思いました。

 唯一気になるのは、今一つデザインが垢抜けないところでしょうか?好き嫌いもあるとは思いますが、たとえば、真四角にして、近未来のカードみたいな感じにして欲しかったなぁ。このデザインは、ちょっと保守的すぎるような気がします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/108-09c50692

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。