Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/126-843fcffa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

au版iPhoneの機能対応スケジュール

au版のiPhoneはソフトバンク版に比べ、いろいろと機能が限定されていました。これらの未対応機能について、ようやく対応スケジュールが発表されました。
iphone_au_schdule.png


FaceTimeやiMessageは、3G通信機能を備えないiPod touchでさえ利用できるため、au版で利用できないのはかなり残念でした。
また、キャリアメール(ezweb.ne.jp)は緊急措置で対応させたものの、即時受信(プッシュ配信)しない、au版iPhone以外の相手とは絵文字が化けるなど、キャリアメールとしてはかなり不十分な点がありました。

auは、これらすべてをきっちりと改善するつもりのようです。

まず、キャリアメール(ezweb.ne.jp)における絵文字の文字化けを1月末までに修正します。
この不具合は、絵文字の文字コードの違いに起因します(iPhoneではauの絵文字コードではなく、Unicode 6.0の絵文字コードを使います)。このため、相手が他社のみならず、同じau内でも、ガラケーやAndroidとのやりとりで絵文字が化けました。
対策として、おそらくメールサーバー側で文字変換を行うのでしょう。絵文字を多用するユーザーには、かなり不評だった制限ですので、もう少し対応が早くてもよかったのではないかと思います。

次に、3月までには、キャリアメール(ezweb.ne.jp)の着信通知に対応します。プッシュ配信には対応しないままですが、ソフトバンク版のセカンドメール(i.softbank.jp)と同じような着信通知を実装する見込みです。

さらに、3月までには、プッシュ配信するMMSにも対応します。キャリアメール(softbank.ne.jp)をMMSとして実装したソフトバンクと違って、auではiPhone向けのキャリアメール(ezweb.ne.jp)をIMAPメールとして実装しています。このため、MMS側のドメインがどうなるかが、かなり気になっています。キャリアメール(ezweb.ne.jp)をIMAP/MMS切り替え式にして、同じメールアドレスを使うという方法を採用する可能性もあります。

ちなみに、MMSはプッシュ配信されますが、iPhone標準の「メッセージ」アプリを使うため、デコメ(HTMLメール)の送受信ができません(キャリア側で画像に変換することで強引に受信させることは可能です)。一方、IMAPメールは、AppStoreで配信されているデコメ対応アプリで送受信可能ですが、auの仕様ではプッシュ配信できません。いずれも一長一短があります。

FaceTimeやiMessageにも対応します。これは、おそらくMMSが対応することで、利用できるようになるのだと思います。
というのは、次のような理由です。FaceTimeやiMessageでは、通常、Apple IDといったメールアドレスで相手を指定します。相手がiPhoneの場合は、さらに電話番号でも指定できます。このため、FaceTimeやiMessageのアクティベーション時に、iPhoneは自分の電話番号を確認します。電話番号が偽装できるのは電話として致命的な問題ですから、キャリア側にも確認するのだと思うのですが、この確認にどうやらMMSを利用しているようなのです。
実際、SIMフリー版のiPhoneをMMSをサポートしないドコモで利用した場合、FaceTimeやiMessageのアクティベーションが完了しないと聞きました(ただし、受信用宛先として電話番号が登録されないだけで、メールアドレスを指定すれば、利用は可能なようです)。

あとは、留守電のメッセージを画面に一覧表示し、画面で再生/消去などの操作ができる「ビジュアルボイスメール」などにも対応するようです。これらの機能にすべて対応すれば、ソフトバンク版と機能的にはほとんど変わらなくなります。細かいことを言えば、電話会議(多者通話)機能は、ソフトバンク版が最大6人まで、au版が最大3人までですけどね。

若干対応が遅いような気がするものの、auも頑張っていますね。

さて、来年夏には、ドコモからもiPhoneが発売されるという噂があります。気になるのは、ドコモもMMSに対応していない点です。Appleの立場としては、FaceTimeやiMessageでiPhoneの電話番号が利用できないのはNGだと思いますので、もしFaceTimeやiMessageのアクティベーションにMMSが必要なら、ドコモもMMSに対応せざるをえません。iPhoneに限らず、ドコモでもMMSが利用できると、海外製端末を使う場合など、いろいろと便利になると思います。

他にも、Androidなどでも、Unicode 6.0ベースの絵文字が利用できるようになると面白いと思います。Twitterなどでは、Unicode 6.0ベースの絵文字として「ハート」などを使う人がチラホラいますし。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/126-843fcffa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。