Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/128-dd3fa760

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

EMOBILE GS02を試用中

モニターとして「EMOBILE GS02」をお借りして試用しております。
「Huawei Honor(U8860)」のEMOBILE向けバージョンです。これまでは、「S51SE(Sony Ericsson Mini)」のような小型スマホが多かったEMOBILEですが、GS02は4型の大型液晶と1.4GHzの高性能CPUを搭載した普通のスマホです。国内メーカーのスマホは1200~1500mAhあたりのバッテリーを搭載するものが多い中、約1900mAhと大容量のバッテリーを採用しているのが特徴です。

GS02.jpg

1週間ほど試用してみたところ、癖がなく、動作もキビキビしているという印象でした。
面白いなと思った部分、気になった部分などを紹介します。


◯ロック画面から直接ダイヤル画面に移動できる

ロック画面では、ロックを解除する際にフリックする向きに応じて、ダイヤル画面やカメラ画面に直接移動できます。

GS02-Lock01.png
▲右へフリックするとダイヤル画面に直接移動できる


◯4GBのフラッシュメモリーを搭載

GS02は、4GBのフラッシュメモリーを搭載しています。うち2GBを内部SDカードとしてデータ領域として利用できます。データ領域は、他にSDカードも利用できます。
残りの2GBはシステム領域+アプリ領域として使われます。アプリ領域は初期状態で700MB以上ありました。アプリ領域が初期状態で200~300MBしかないような機種も多い中、GS02なら多数のアプリをインストールできても領域不足にならなさそうです。

GS02-internalstorage01.png
▲アプリ領域の空き容量は、初期状態で700MB以上と多め

GS02-internalstorage02.png
▲SDカードを装着しなくても、2GBの「内部SDカード」が利用できる


◯高速ブート機能に対応

2回目以降の起動を高速化する機能に対応しています。起動直後の状態をフラッシュメモリーに保存しておき、それを読み込むことで起動処理を省くという、ハイバネーションを利用した方法のようです。機能がオンのときは、1回目の起動は40秒程度かかりましたが、2回目以降は10秒程度で起動します。

GS02-Settings03-InstantBoot.png
▲高速ブート機能は初期状態でオン


◯通知パネル上のスイッチの表示をオン/オフ

通知パネル上に、標準でWiFiやBluetoothなどの機能をオン/オフできるスイッチを備えます。珍しいのは、このスイッチの有無を設定画面で切り替えられるところでしょう。欲をいえば、表示するスイッチをカスタマイズできるとよかったです。とくにテザリングのオン/オフが、通知パネルでもできたらいいですよね!

GS02-Settings02a-NotificationPanelToggleSwitch.png
▲初期状態では、通知パネルにオン/オフスイッチを表示する

GS02-Settings02b-NotificationPanelToggleSwitch.png
▲通知パネルにオン/オフスイッチを表示しないようにもできる


◯Google Mapsの回転は二本指で左右にフリック

一部の国産スマホと同じように、二本指を円を描くように回転させても、地図が回転しませんでした。地図を回転するには、二本指で左右にフリックします。

GS02-Map01.png
▲二本指を円を描くように回転させても地図は回転しない

GS02-Map02.png
▲二本指で左右にフリックすると地図が回転する

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/128-dd3fa760

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。