Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/146-17adfcf8

トラックバック

[T10] まとめ【【イベント】SoftBank】

先週(2012年10月10日)、ファーウェイの新製品「ソフトバンク ストリーム 201HW」のタッチ&トライイベン

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【イベント】SoftBank STREAM 201HW Huawei【レポート】

huawei101.jpg
先週(2012年10月10日)、ファーウェイの新製品「ソフトバンク ストリーム 201HW」のタッチ&トライイベントに参加してきました。なかなか興味深い端末でした。

AXGP(TD-LTE)というとピンときませんが、要はLTEの亜種です。本製品もドコモのXi端末でお馴染みのQualcomm MSM8960(モデム内蔵)を採用しており、ドコモ向けのAscend HW-01Eの兄弟モデルという雰囲気です。

ちなみに「なぜAscendという名前じゃないの?」との参加者による質問には回答を濁されていました。まあ、大人の事情というやつですね。

速度は下り最大76Mbps。空いていることもあって実測で30Mbps程度出るので、なかなか快適です。

しかも凄いなと思ったのは、一括価格。

新規 23,520円
機種変更 30,720円

スマートフォンの価格は、携帯電話事業者の施策に大きく影響されるので、単純には言えませんが、最新の高速通信対応の端末をこの値段で出せるというのは、なかなか驚異的です。

huawei102.jpg
▲GAPSISさんによるスライド。日本での知名度が上昇中であることがわかります。

スペックもなかなかです。1.5GHz動作のデュアルコアCPU。4.3型(解像度960×540)のSuper AMOLEDを搭載していて、画面もきれいです。

メモリは1GB RAM/4GB Flash ROMと価格相応ですが、RAMは1GBあれば十分ですし、Flash ROMはmicro SDHC(32GBまで対応)で増設できますから、あまり不便に思うことはないでしょう。

スペックには出てきませんが、タッチの追従度が優れていたのが印象的でした。

あと、面白いのはカラーバリエーションです。
フレイムブラックとクリアブラックってどっちもブラック?と思ったら、ツヤのあり・なし(および側面のカラー)が違っていました。

huawei103.jpg
▲裏面は、同じブラックでも、マットブラック(フレイムブラック)とクリアブラック(ライトニングブラック)。

huawei104.jpg
▲側面は、オレンジ(フレイムブラック)とブラック(ライトニングブラック)です。

個人的には、オレンジ×マットブラックのフレイムブラックの方が好みでした。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/146-17adfcf8

トラックバック

[T10] まとめ【【イベント】SoftBank】

先週(2012年10月10日)、ファーウェイの新製品「ソフトバンク ストリーム 201HW」のタッチ&トライイベン

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。