Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/75-8c72aa9a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Archos新タブレットはすべてAndroid 2.2搭載

9月に入り、Androidタブレットの新製品が続々発表されています。フランスの情報家電メーカーArchosからは2.8型から10.1型まで(およそ8500円から3万円まで)の5機種が発売されます。すべてAndroid 2.2(Froyo)を搭載します。
Archos 28 Internet TabletArchos 101 Internet Tablet
Archos 28 ITArchos 32 ITArchos 43 ITArchos 70 ITArchos 101 IT
Android 2.2 (Froyo)Android 2.2 (Froyo)Android 2.2 (Froyo)Android 2.2 (Froyo)Android 2.2 (Froyo)
2.8型 (320×240)3.2型 (400×240)4.3型 (854×480)7型 (800×480)10.1型 (1024×600)
抵抗膜方式抵抗膜方式抵抗膜方式静電容量方式静電容量方式
4GB (Flash)8GB (Flash)8GB (Flash)8GB (Flash) or 250GB (HDD)8GB or 16GB (Flash)
800MHz ARM Coretex-A8800MHz ARM Coretex-A81GHz ARM Coretex-A81GHz ARM Coretex-A81GHz ARM Coretex-A8
WiFi (802.11 b/g/n)WiFi (802.11 b/g/n)WiFi (802.11 b/g/n)WiFi (802.11 b/g/n)WiFi (802.11 b/g/n)
-Bluetooth (2.1+EDR)Bluetooth (2.1+EDR)Bluetooth (2.1+EDR)Bluetooth (2.1+EDR)
3D OpenGL ES 2.03D OpenGL ES 2.03D OpenGL ES 2.03D OpenGL ES 2.03D OpenGL ES 2.0
加速度センサー加速度センサー加速度センサー加速度センサー加速度センサー
--micro SDスロットmicro SDスロットmicro SDスロット
-背面カメラ背面HDカメラ前面カメラ前面カメラ
-コンポジットTV出力mini HDMImini HDMImini HDMI
USBホストUSBホストUSBホストUSBホストUSBホスト
マイク内蔵マイク内蔵スピーカー・マイク、スタンド内蔵スピーカー・マイク、スタンド内蔵スピーカー・マイク、スタンド内蔵
100×54×9 mm105×55×9 mm 135×65×9 mm201×114×10 mm (8GB), 201×114×14 mm (250GB)270×150×12 mm
68グラム72グラム130グラム300グラム (8GB), 400グラム (250GB)480グラム
US$99.99US$149.99US$199.99US$274.99 (8GB), US$349.99 (250GB)US$299.99 (8GB), US$349.99 (16GB)
9月末9月中旬10月中旬10月中旬10月中旬

Archos 28 Internet TabletArchos 32 Internet TabletArchos 43 Internet TabletArchos 70 Internet TabletArchos 101 Internet Tablet

注目は、Archos 70 ITとArchos 101 ITでしょうか。静電容量方式のタッチパネルが採用されるため、抵抗膜方式の従来機種に比べ、使い勝手が大きく向上することが期待できます(マルチタッチにも対応するはずです)。
ただし、相変わらずAndroid Marketには対応しておらず(※)、ソフトの入手には独自のAppsLibを利用するのが残念なところですね。Android 2.2の目玉であるFlash Player 10.1を簡単にインストールできるか、少し不安です。

※Android MarketやGoogle Maps、Gmailなどのアプリは、Android本体と違ってオープンソースではないため、搭載するにはGoogleとライセンスを結ぶ必要があります。3G通信機能を備えないAndroidタブレットでは、何らかの理由でライセンスを結ぶのが困難なのか、これらのアプリを搭載していない製品が多いです(たとえば、東芝の「dynabook AZ」も未搭載)。なお、何でもありの中国製品や、ユーザーが勝手に作成したカスタムファームウェアなどでは、ライセンスなしにも関わらず、Android Marketなどを無理やり利用できるようにしているものもあります。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/75-8c72aa9a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。