Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/96-371e27cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Skype for AndroidはCPUパワー馬鹿食い?

Skype専用端末にしようと思い、中古のAndroid携帯(HT-03A)を白ROMで買ってきました。
ところが、Skype for Androidを入れたところ、音声がブチブチ途切れて使いものになりませんでした
どうやらSkype for Androidには、CPUが600MHz以上、画面がHVGA以上の機種が必要みたいです。
 
以下は、いくつかの端末でSkypeを試した結果です。すべてWiFi環境でのテストです。


■HT-03A

状態
Android 2.2対応のカスタムファームウェアCyanogenMod 6.0を導入。
OverclockWidgetでCPUを384MHz→528MHzにクロックアップ。
WiFiはスリープしない設定に。

結果
クロックアップするとかなりマシにはなったが、528MHzでも音声が途切れがち。
CyanogenModの設定でJITを有効にしても、音声の途切れは変わらず。
バックグラウンド待ち受けも、しばらく使っていると受信しなくなる。
メモリーが192MBと少ないため、バックグラウンドプロセスが自動終了し、受信できなくなる模様。


■Nexus One

状態
CyanogenMod 6.0導入済み。
WiFiはスリープしない設定に。

結果
さすが1GHz駆動のため、問題なく利用できた。
バックグラウンド待ち受けも、今回の簡単なテストでは問題なし。


■Flipout

状態
出荷時のまま(Android 2.1)。
ちなみに、CPUは720MHz駆動。

結果
Skype for AndroidはQVGAモデルには未対応のようで、Marketからは導入できず(表示されない)。
apkを直接インストールしたものの、発信しようとすると異常終了する。


■iPhone 4

状態
iOS 4.1

結果
問題なく利用できた。
バックグラウンド待ち受けは、スリープ後、時間が経過すると受信できなくなる場合もあった。


■iPhone 3G

状態
iPhone OS 3.1.3

結果
400MHz駆動のくせに、音声の途切れもなく、問題なく利用できた。
バックグラウンド待ち受けは非対応。


400MHzのiPhone 3Gで問題がないのに、528MHzにクロックアップしたHT-03Aで音声が途切れるという、非常に残念な結果になりました。バーチャルマシン上でJavaが動くAndroidと、ネイティブコードが動くiOSの差なのでしょうか?
ただ、Skype for iPhoneもSkype for Androidも、CD並みに高音質だという音声コーデックSILKに対応していますが、iPhoneでは3GS以降がSILKに対応するとのこと。要は、iPhone 3Gだけ、処理の軽い(音声の低い)コーデック(iLBCやiSAC)で動作している可能性が高いです。ちなみに、普通のおしゃべりでは、音質の差は感じられませんでした。

なお、Skype for Androidの公式動作確認機種は、HTC Desire/Legend, Google Nexus One, Motorola Milestone XT720/Milestoneです。いずれもCPUは600MHz以上のものを搭載しているので、このクラスのCPUが必須なのかもしれません。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://andoroseikatsu.blog115.fc2.com/tb.php/96-371e27cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Yo

Author:Yo
テクニカルライターです

関連商品











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。